子宮を切除する前にこちらをお読みください

「子宮筋腫」「子宮内膜症」「子宮、、」

子宮の病気。かつては40代後半以降や、更年期を迎えた女性に多いといわれていた子宮の病気が、最近は、20代の若い女性にも多くなっています

そして「手術」を選択している人も珍しくありません

大きくなっていく筋腫、増殖を続けてしまう内膜、悪くなったものは切り取ってしまうというのが「手術」です

しかし

「原因を知る、根本から治す」という事が本来の医療です

子宮は、ある日突然病気になるのではありません

生理痛がひどいとか、不正出血があるとか、下腹部に激しい痛みがあって初めて診断を受けて、その結果、「子宮が病気の人」になったのです

生理痛がひどくなる、その前から、もしかしたら生まれた時から子宮には、一大事が起きているのです

それが【子宮下垂】です

子宮が正しい位置にないと、子宮そのものが正しく機能できません。狭い膣の中に下垂していたら子宮内の筋肉も自然に収縮できません

子宮が傾いて下垂していれば、剥離して、生理として出なければいけない子宮内膜が他の場所に流れてしまうのです

「子宮全摘」
不幸にして子宮の全摘出を宣告されたら、たとえ最悪のガンが蝕んでいたとしても、取らなくて済むならば残しておきたいと望む人もいるでしょう

もう妊娠も何も望まないから、悪いものは取ってしまってすっきりしたいというひともいるでしょう

しかし

子宮がなくなってしまった女性のからだ
そこだけぽっかり穴が開いたように、あるべきものがない
その穴を埋める物は何もありません

「卵巣」はどうすればいいのか、、卵子はどこへ行くのか、、

卵巣から定期的に運ばれる卵子は、受け止めてくれるはずの子宮がなくなってしまったのです

子宮を摘出すれば、生理もなくなります、でも、卵巣は排卵という役割を繰り返します

子宮がなくなってしまっただけなのですから

もし閉経の前に摘出してしまったら
生理という現象はもうなくても、本来迎える閉経のその時まで
生理があった周期で女性の体は変化していくのです

かつてあった生理の前後に、いつもいつも具合が悪くなるのです

この子宮と卵巣の関係を無視して、悪くなった子宮だけを摘出して苦しんでいる人は、たくさんさんいるのです

子宮全摘の場合だけでなく、避妊のために卵管を縛ってしまうのも同じ過ちを犯します

やはり、卵子は行き場を失ってしまいます

内膜症などの治療の為ホルモン剤で生理を止めてしまっている人、ピルを飲んでいるいとも、自然でない状態を続けることで、子宮も卵巣もその働きが狂っていきます

今すぐ悪くなれば誰もが慌てて気付くでしょうが、目に見えないところで少しずつ少しずつ狂っていくのです

自然でないことには、無理があるのです

子宮が正しい位置にあることが、当たり前の自然なことです、下垂しているから、子宮も不満になるのです

もし、今、手術の選択を迫られている人がいたら
まず自分の子宮がどこにあるか
ヘソより指三本下くらいになかったら、その子宮を上げることが治療の第一歩です

 

健康な赤ちゃんを産むために下腹ぽっこりを治そう!
20代でも不妊で悩んでいる女性が多い この自然界に、オス(男)とメス(女)がいて、そして子供が生まれる、それは、本来自然な事で、特別な事ではありません ところがいま、きちんと毎日の基礎体温をつけて排卵日を確認して、精力増進剤...

 

 

下腹ぽっこり(子宮下垂)のまま子供を産んでも大丈夫?
不妊症のホントの原因は下腹ぽっこり(子宮下垂)にあります、詳しくはコチラ とはいえ女性は誰もが生まれる前から子宮と卵巣をもって生まれてくるのですから、子宮が下垂していても妊娠できるケースもたくさんあります。 ...

 

 

下腹ぽっこり体型(内臓下垂)は運動や食事制限で悪化する!下腹が出てくる原因とは
下腹ぽっこりは、運動や食事制限で悪化します。子宮下垂、内臓下垂を、治して下腹ぽっこり改善、内臓下垂を治さないと、お腹だけ痩せない体は何しても変わりません
タイトルとURLをコピーしました